熟練の職人の技が あなたの大事な服を 蘇らせます。

片岡 鐵舟

35年の歴をもつ かけつぎ職人

高校を卒業すると同時にテーラー業界の門をたたきました。

渡仏も経験し、国際デザイナーの認定を受けるまでになりましたが、時代の流れから、昭和56年に「かけつぎ」の世界へと転身し、今があります。

 

一から服を作るのとはまた一味違い、お客様の想い出が詰まった大事な服を再生させる為には、こちらも想いを持って技術で応える必要があります。これが、自分には性に合っていると感じています。

 

今はものが溢れている時代であり、安くて便利なものが多く、裏を返せば、服に限らずものを大事にしない時代になってしまったと思います。そんな時代に、「想い」と「物」を大事にする職人でありたいと思います。

後藤 佳子

父親の背中を見て 育ちました

高校生の時から、父親の手伝いで「かけつぎ」を学ぶようになりました。

当時、服にできてしまった穴やキズ等を直してしまう父親が、私には単純にカッコよく映ったんです。20歳から本格的に携わるようになり、かけつぎ職人の道を進むようになりました。

 

色んなお客さんの様々なお直しをさせていただいてきましたが、いつも傷んだ服を見ると、お客様の残念そうな顔浮かんできます。

そのお顔を笑顔であったり、ほっとした表情に変えることが私の役割だと思っています。

そのために、日々、技術の向上に邁進しています。

洋服の穴・虫食い・傷の修理・かけつぎ(かけはぎ)なら【織和技研】

〒505-0034 岐阜県美濃加茂市古井町下古井485

Tel.0574-26-4625

電話受付 9:00 ~ 16:00